2018.06.0922:49

◎貴サークル「友浦劇場」は、土曜日 西地区“あ”ブロック-61b に配置されました。

夏コミ当選のご連絡!!



やった〜〜〜やりましたっ!∩(;▽;)∩



夏コミC94友浦劇場サークル参加しますっっ!!

2018/8/11(土)夏コミ2日目
西地区“あ”ブロック-61b です!

よろしくですよ!! よろしく!!


新人賞出してない作品は全部印刷して持っていきますね!!


予定では
『宮廷プリンセスナイト』
『夜勤』
『四次元の箱庭』
『雨の庭』←NEW
『一条家の箱庭』←NEW※7/1頃確定
かな! すべて文庫本装丁ね!


だけど急に出すコンテストとかあったらごめん(>_<;)
できる限りアナウンスします!


もっともっと友浦の活動内容を知りたい方はコチラ(月額100円。主に創作メイキング毎日更新)→https://www.pixiv.net/fanbox/creator/1049655
スポンサーサイト
2018.05.3012:59

結果発表と色々考えたこと

更新が遅くなりすみません!

今回はいろいろ書くことが多すぎるので目次を作りました。
★カクヨムコン3結果発表
★自己分析
★次の行動の告知
・6/3コミファク即売会
・マグネット!投稿開始
・『雨の庭』エブリスタ小説大賞応募開始
★pixivのFANBOXについて
★最後に



★カクヨムコン3結果発表
ご協力いただいた新人賞結果をお知らせします!

友浦は
『雨の庭』という作品で
第3回カクヨムWeb小説コンテストの
SF・現代ファンタジー部門

に応募しておりましたが、

最終選考にて落選してしまいました。。


残念な結果になってしまいすみません……
でも応援して下さった方、本当に本当にありがとうございました!><
その声は心の底から嬉しかった。。


応募総数3015作品中、読者選考通過は211作品でした。
内訳としてSF・現代ファンタジー部門はおよそ400~500作品中38作品が読者選考通過。
SF・現代ファンタジー部門は大賞1作、特別賞2作

が選出されていましたが友浦は落選してしまいました。

作品の出来には自信があったし、やり切った感じもあったので、
さらに夢に近づくためのいい機会だと思い、私なりにいろいろ自己分析してみました。

★自己分析
小説の道で食べて生きていく方法
(0)公募・コンテストの傾向と対策を練る、商売として効率よく売れるモノを狙って書く
or
①書き手自身が著名になる
or
②出版社並みの資金力を付ける
or
③作品制作・応募の試行回数を増やして、世に出るチャンスを待つ
or
④技術力、完成度を高め、力尽くで世間に認めさせる


(0)は正攻法。全くもって教科書通り。
メリットは、ここをクリアしたら自動的に①~④を順番にやっていける立場に立てること。効率がいい。
デメリットは、受賞に至らない限り①~④のメリットがあんまり手元に残らないこと。

①と②は少し被るけど、
①はタレント本のイメージで、別の才能から有名になるなどして影響力を高め、内容にかかわらず名前だけで売れるようにする。
②は応援してくれるパトロンを見つけたり、もしくは自分で起業するなど別の才能でお金を作ってその力で売り出すなど。
①②のメリットは、人生が波乱に満ちて豊かになること。小説に活かせるネタ満載。もし才能が変に偏っていたらオススメ。
デメリットは、小説に向かう物理的な時間が足りなくなること。文章を書く経験数が単純に減る。

③は運の要素を上回るまでアプローチをするということ。行動派もしくは長生き向け。
④は商業プロを圧倒的に上回る力をつけて世に認めさせること。こちらは一人で黙々と机に向かい続けられるような職人向け。
③④のメリットは、真の意味での作品数や技術力を立場にかかわらず増やしていけるということ。
デメリットは、人生が単調にならざるを得ないこと。(お金もないし時間もないし)いつか書きたいものがなくなる恐れも。

私はもう何回も、もっと(0)をやらなきゃなーと思いながらも
結局①~④も結構大事にしてしまう節がある。。
たぶん、私にとって①~④もすごくすごく大事なんだな。

まあやっぱり、となると私みたいなタイプは、(0)~④をまんべんなく頑張っていくかな~。。
(0)~④も、どれもこれもまだまだ天井は高いしそれでいいような気がする。
でもADHDはあれこれ手を出しすぎてよく失敗するため、あえて努力優先順位を付けるとしたら、私は、

③>0≧④>①>>②

という順番になりました。

基本姿勢は、自分が心底「これだ!」と思える作品制作・応募の試行回数を増やして、世に出るチャンスを待つ!(③)
公募・コンテストの傾向と対策を練って、書こうと思った内容を商売として効率よく売れるように加工する(0)か、
それが無理な作品では技術力、完成度を高め力尽くで世間に認めさせる覚悟をもって臨む。(④)
そして
時に小説以外のことに全力になってみたりもし、(①)
生きていくのに必要な分だけは仕事して稼ごう! もしくは私の作品を応援してくれる方、私に投資してください!(②) という感じ!!!

今回、かなり冷静だったのは、
価値がすごく高いと思わされる心底面白い作品が、まさかびっくり、落ちていたのを見たからだと思います。
ランキング順位も常に高かったし、
その方も公募を意識している人だったので、名前がなかった時には本当にびっくりしました。
その方にはもっと広く売れてほしい一方で、
こういった作品をどうか作り続けてほしいなと切に思ったので、
自分自身も過大・過少評価せずに、とにかく冷静に受け止めようと思ったわけです。


そういうわけで、いろいろ頑張る!


次の行動の告知をします。

★次の行動の告知
2018/6/3(日)長野県で開かれるコミックファクトリーという同人即売会に友浦劇場参加します!
スペースはC10です。

2018年6月3日(日)JA松本市会館「COMICFACTORY25」

DeXsSFPVMAASfUA.jpg






それから、
新装開店の「マグネット!」という小説投稿サイトで掲載を開始しました。
『宮廷プリンセスナイト』
https://www.magnet-novels.com/novels/51524
『四次元の箱庭』
https://www.magnet-novels.com/novels/51582
ここは、読むたびに貯まる「磁界」というポイントを使って読者が作者を応援できるのが面白い!
作者はもっと宣伝したいと思ったら課金できるという驚き斬新システム!
私はというと、毎日マグネット!に足しげく通い、ちまちまと無料の「磁界」を貯めていますw
誰か手伝ってー!!><;



『雨の庭』は五月末〆切のエブリスタ小説大賞に応募間に合いました。
オンライン公開応募です。
https://estar.jp/_novel_view?w=25076754
eb.png
エブリスタのアカウントを持っている方、ぜひ応援していただけたらと思います。
一日一回スター☆を投げられるようです。(ただし選考は編集者が行います)



また、twitterではお伝えしましたが、
pixivのFANBOXというサービスを利用して、
6月より月額100円で友浦の制作過程をたくさんお見せしていこうと思っています。
https://www.pixiv.net/fanbox/creator/1049655

★pixivのFANBOXについて
FANBOXでは、ちょっと真面目すぎてTwitterでは書けないような、小っ恥ずかしい裸体のような真剣な私の素の面を出していきたいです。
まあそれはこのブログも同じですね!
FANBOXは裸体に加えて、
作品制作していく中で取捨選択され、選ばれなかったアイデアなどの創作物の残滓、
つまり排泄物のようなものをお見せしていくことになると思います。(なんだそれ)

具体的には、友浦の夢を追いかける様子や作品メイキングの様子をひたすらに流していくと思います。
毎日書く日案、(たまに週案)、月案、年間スケジュール。そしてこれまで書いてきた作品の設定資料集から、今まさに書いてる作品の様子、まだ書かないけど思いついた新作のネタ披露まで、なんでも御座れ。

最大の目的は「この世にはお金を払ってまで私に興味を持って知ろうとしてくれる人がいるんだ!! 私は一人じゃない! その人のためにも輝きたい! 頑張ろう!!」と前向きになるためです。

また、「友浦の作品にはあまり興味はないけど友浦に興味がある」「作品にも友浦にも興味はないけどクリエイターの人生について興味がある」という方からの支援も大歓迎です。きっとその興味関心を満たせると思います。

もう十年続いているこのブログはこのまま続けていくのでご安心ください。
友浦の人生の概略みたいなのがこのブログなのでw
友浦の日常の作業現場や、書いてきた作品の裏設定、ファンとの交流などといった、
各作品や日常の詳細記録はFANBOXで、という感じで行こうと思います。
(支援していただいたお金は創作活動時間捻出のために大事に使わせていただきます。)

アンケートもよかったらご回答ください!!!(非常に参考になります)




★最後に
最後に・・・



最近、

人生80年は長すぎるのではないか?
と、
思うようになってきました。


長すぎて、生きている感覚がなくなっていきます。

でも、生きているうちにやりたいことはある。


たぶん、「友浦は40歳で死ぬよ!」って予言されたら、

やっべえ!!
ってなって、大慌てでそのことを頑張ると思う。

80歳まで生きても、40歳まで生きても、
薄まるか濃くなるかの違いだけで、

おそらくやりたかったことはやるんじゃないかなと。

それなら、

まだいいかまだいいかと先延ばしにして、体も衰えてきた晩年くらいにやるより、
〇〇歳で死ぬからそれまでにやりたいこと全部やらなきゃ!!

と思って必死になって生きて、

その結果、満足して死ぬほうがいい。
と思いました。

その上でも、もしもその年を過ぎても生きていたら、それはもう、ラッキーでしかない★

友浦の夢は、
「「普通に真面目に暮らしているちょっと読書好きな人が日々の楽しみの一つとして新刊を心待ちにしている……」そんな一般層にまで小説を届けられるような作家になること」
です。


物理的に可能な限界から逆算し、


友浦は29歳で死ぬと思って生きようと思います。






やっべえ!! 時間ない!!!!!

ノシ!!!!
2018.04.1512:49

『一条家の箱庭』連載開始!(第4回角川文庫キャラクター小説大賞応募)

こんにちは友浦です!

お知らせです!


ついに『一条家の箱庭』の連載を開始しました!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054885606536
20180415124839f82.png


一条家看護師は見た!精神科ミステリ短編連作キャラクター小説

加藤白夜(23)は都心に豪邸を構える一条家の住み込み看護師。
一条家には精神を病んだ住人が複数名暮らしている。
お抱えの精神科医針間と共に一条家の謎を紐解いていく先に、見えるものとは?


各話(ケース)単独でお楽しみいただけます。

ケース1は、一条瑠璃仁×統合失調症

一条家お坊ちゃまの瑠璃仁(19)は統合失調症という精神の病にかかっていて、幻覚と妄想に悩まされていた。
薬で抑えることに成功するも、本人はそれでも納得できなくて……?

ケース2は、一条勝己×解離性同一性障害
一条家にお盆が来た。親族の集うこの時期、一条家跡取り長男の勝己(25)には、ある秘密があった……。

『一条家の箱庭』告知イラストを描いてくださったのは愛華さんです。
絵師・愛華さんの個人サイトはこちらから
https://amagai15.wixsite.com/avec-toi/cny


カクヨムコン3が2月に終わって、
次作の公募先を探してみたのですが、
第4回角川文庫キャラクター小説大賞が一番しっくりきたため、それに向けて制作を開始しています。
ただ、締切が5月8日とかなり迫っていたので、
かつてない執筆速度を求められているわけです、、
でも、
意外とやれば出来るんだと自分自身に驚いています。
思えば『夜勤』も初稿は一月半で上げていましたし、(そのあと一年近くかけて大きく改稿しましたが)
書く時だけはライブ感で書くので、「開演」さえしてしまえば、あとはなんとか。。?
こうやって自分を追い込んで、その勢いに慣れさせていくのも、大事だなーと痛感する日々です。(そればかりでもダメだけど)
一日あたり何文字書く、と現実的な量を決めて、コツコツこなしていくのが自分に一番あってるみたいです。
自分のやり方を見つけることってのは重要ですね!
不可能を可能にしていきたい……!

というわけで5月8日までに全話投稿する予定なのでどうぞお付き合いくださいませ。

お昼の12:01に更新していけたらなと思っています。
不定期公開になりますがよろしくお願いします。
目標は毎日更新(;><)でも無理かな…
書けている分量はわりとあるので完走はできると思ってますが、
ポロポロと穴ぼこがあり、
お見せできる形にはまだなってない……
投稿してからも細部を微修正するかもしれませんが許してください( ̄▽ ̄;)(むしろ誤字脱字等の指摘ください)

応援よろしくお願いします!
2018.03.2712:03

ただ頑張るだけじゃなくて、頑張り方を考えながら頑張るって大事。でも難しい。。

二日連続でブログ更新!!

昨日ニコ生を配信していたんだけど、
原稿が進まなかった。。

私はいつも頑張ってるつもりだけど、

頑張り方も頑張らなきゃいけなくて、

それって本当に難しいなあって思った。。

私は、生徒会長気質というか、こう、自分が注目されたりするのが好きで。

でも、小説家になるには
ある程度一人で黙々と机に向かう職人気質みたいな能力も必要だと思う。

昨日ニコ生していました、って報告したら、
進捗管理してくれているらんどせるのらんちゃんに、
「楽な方に流れていないか?」と指摘されて、

これは楽な方へ流れているのかそれとも、自分の特性を生かしているのか、

そのどちらなのかわからなくなった。


ただ無考えに頑張っていればいいってもんじゃないし、


でも自分らしく頑張ることが何気に効率いいような気もするし


立ち止まるのはよくないけれど、
私はじたばたしすぎるところもあるし、


それでこれまで成功してきたならまだしも、

今の私は成功してきたと言えるのか、言えないのか、それすらもなんとも言えなくて。
だって実は今が最適な行動をした結果であって、それを変えた時もしかしたら今より悪くなるかもしれないし。。



うーーん。。

らん「原稿以外をやることが、向き合うことからの逃げでないなら、いいとは思う。ただ、それを決めるのは友ちゃん自身であって、意外と現在の友ちゃんではなく、未来の友ちゃんが決めることだったりする」
友浦「なら正解はわからないことになる。。」
らん「その通りだね。逆に原稿に向き合うのは、最適ではないかもしれないが、不正解ではない。リスクがもっとも小さいのは原稿に向かうこと。それ以外のことに向かうのは、大きなリスクを取りに行くことだから、気をつけよう!ってね」



原稿やるべきのような気もする。

やるかー。
2018.03.2612:05

名古屋コミティア52レポとご協力のお願い! 魂の叫びー!!!

名古屋コミティア52ありがとうございました!!



友浦です!

春の名古屋コミティアに参加してきました!



今回は、

縮小して行ったの。

友浦にあんまりお金がなかったので1スペースしか取ってなくて、
人手不足により巨大看板とか友浦劇場グッズとかを泣く泣く家に置いてきた
のですが、


うーんやっぱり悔しかった。。


正直、やるからには、

どんなにお金がかかっても、設営が大変でも、

全部の自分を出し切りたい。

私の小説をもっと多くの人に知ってほしいから。


次はやっっぱり全部出し切りたい!


って思った!!

ホームである名古屋コミティアでは特に、もっともっと出来ることがあるはずなんだ。。!




そこで、

そんな友浦を応援してくれる人を募集します!

なかなか現れないとは思いますが、、
友浦は、呼びかけることをやめないよ!!


詳細は後半に書きます。



というわけで一旦、今回の名古屋コミティア52レポを書きます!



新刊は
『一条家の四季庭』
でした!



今回は、ニコ生で嗚咽混じりに「今書いてる!!」と宣伝していた
新作の『一条家の箱庭』……ではなく、

「カクヨム」で書いていた一条家のキャラクターたちのSS・短編集。
そこに書き下ろし(?)を加えたものでした!


『一条家の箱庭』は、
2018/5/8〆切の角川キャラクター小説大賞に応募する用として書いていて、

その第1話を今回の名古屋コミティア52に発表しようと思っていたんですけどね。

その第1話は実はわりと既に書けていたのですが、全体テーマに対しての構成がうまく掴めず、
第1話は途中書きのまま寝かせて第2話から書き始めることになったからです。


というわけで急遽違うものを引っ張り出してきたわけでした。

そのため内容に比べて表紙・裏表紙がめっちゃ豪華になってしまったw(ほんとは長編新作で使うつもりだったカラーイラストw)

大事にしてもらえたらいいなーーと思います!(>_<)


そんな感じです!




さてさて

ご協力のお願いになりますが、、!!




秋の名古屋コミティアでは
今回の反省を踏まえて、
友浦劇場の設営を手伝ってくれる人を募集します!!

2スペース取るので、
友浦、らんどせるの2名は確定として、
あと4名までサークル参加券があります。

たぶんそんなには集まらないと思うのですが。。!

1人でも手伝いに来てくれると嬉しいです!!
一般入場は11時のところを、
友浦劇場サークル助っ人として10時に来て設営を手伝ってもらう感じになります!!(>_<)

連絡先:
tomouragekijou@gmail.com
twitterのDMでもOK!@tomourya

それから、値上げのお知らせです。(ごめんね)

サークル活動を継続していくためにお金がかかります(;><)
今までは友浦の貯金でやってたのですが最近それが完全に無くなりました!
原因はわかってます。
作品を大赤字で刷り続け売り続けたからです!
読んでほしかったから。。
幸いにも買ってくださる方が増えてきて、つまり大赤字が増えてきて。。
なので最近は印刷代くらいはペイできるような(いや、できてはないけど……それでも少し赤字だけど……)金額設定にしています。。!
少部数印刷のため、1冊あたり結構高いよ(;><)安いところを探しまくったけどこれ以上はない……本当に申し訳ない……
しかし!! それでも!!
でも私はこの活動をやめたくないのです…
だって自分の小説の可能性を信じているから、
出会うべき人に届けたいから!
諦めるわけにはいかない……

だからこそ出版社の力で商業出版してもらいたいと思って新人賞応募も年間スケジュールぎちぎちに出していますが、

通らん!!(憤怒)

私はこの小説面白いと思うのにな。
買ってくださった方、そうは思いませんか!!?面白かったでしょ!?(迫真)


もちろん自分自身日々成長と小説の改善は必要だと思うし、している。

自分の全力でぶつかっていってる。

だからね、、支えてもらえないと
このままでは潰れそう。

それは嫌だ。。

『宮廷プリンセスナイト』『夜勤』『四次元の箱庭』『雨の庭』
私の作品が、出会うべき人に、まだ出会えていない。

もっと届けたい。。


そんなわけで
通販も始めました
https://tmurgkj.booth.pm/
←これが予告していた解禁情報です。
そういった訳でこちらはさらに高額になってしまっています(;><)
それでも印刷代+絵師代(←安くやってもらっても……)とトントンになるかどうか、といったところですが、
でも文庫本一冊として消費者から見たら高額だと思います。
興味を持って買っていただいた方、夢を応援して下さる方
応援の気持ちを含めてご購入いただいたと思うことにします。

友浦劇場の活動費として大事に使わせていただきます。
まだ1冊も売れていませんが!!

また、BOOST機能もあり、
そちらでは友浦に「カンパ」ができます。
それももちろん活動費として使わせていただきます!!(カンパの機能「BOOST」詳細はこちら→https://booth.pm/announcements/26

私に期待して、私に投資してください!

それは何らかの形で何倍にも増やしてあなたへお返しできると思っています。

そちらの使途についてはブログできっちりお知らせさせていただくつもりです。



友浦劇場はこれからも前に進み続ける!

私は未来永劫一歩も引くつもりは無いです。

小説を書き、出会うべき人に届け、楽しんでもらうという夢から目を逸らさず、
たとえ一人になっても、
この身が滅ぶまでは歩き続けます。

でも私以外の人が一緒に歩いてくれたら、もう少し先まで行けるかもしれない。

願わくば応援してもらえますように。。
プロフィール

友浦

Author:友浦
友浦です。
小説による表現中心に活動しています!

「友浦劇場」サイト
http://tmur.web.fc2.com/
↑各作品紹介など


「友浦劇場」というサークル名で、2017年12月31日(日)開催の「コミックマーケット93」に申し込み中です。スペース:未定

一次創作感想ブログやってます。
http://ameblo.jp/tmur1120/

~作品一覧~
『ふたご王女伝説』
『夢中で悪いか!! ハムⅠレース』
『姫と騎士と、終わる世界』
『現代麻雀』
『宮廷プリンセスナイト』
『夜勤』
『四次元の箱庭』
『雨の庭』

小説感想掲示板はこちら






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード