2010.04.1121:52

自分用娯楽小説!

自分が楽しめるためだけの小説を書いちゃってみようかなぁと思った。

今日、フナト(高校時代の友達)と大好きな児童向け小説『ダレン・シャン』を映画化したものを見に行ったんだけど、そこで買ったパンフレットに、「この小説ははじめ、著者自身が楽しむために書かれた」ってあったんだよね。
それまで著者は大人向け小説ばかり書いていたらしいけど。

まあ、私が自分用の小説を書こうかなと思ったのは、著者自身のために書いたダレン・シャンが売れたから私も、とかではなく
なんか、そういう感情っていいなぁ忘れてたなぁって思ったから・・っていうか。

ホント、そういう感じで中学時代とか小説書いていたよなあ~って思った。
今になると、「これじゃ読者の立場になっていない」とか「こんなレベルの小説は書いちゃいけない」とか「これじゃ落選確実だ」とか考えるけど、
まあ、それは普通に必要なことだと思うからやめようとは思わないしいいんだけど、

だからそうじゃなくて、久しぶりに、ホントに自分のためだけに小説を書いてみようかなと思った。
どんな訓練の意図もない、純粋な遊びとして。らくがきっていうか。
その代わり、自分が楽しむ。普段の執筆とはまったくの別物。

遊びから「小説にしようか」って格上げもあるかもしれないけどとりあえずそういう予測なしでね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

友浦

Author:友浦
友浦です。
小説による表現中心に活動しています!

「友浦劇場」サイト
http://tmur.web.fc2.com/
↑各作品紹介など


「友浦劇場」というサークル名で、2017年12月31日(日)開催の「コミックマーケット93」に申し込み中です。スペース:未定

一次創作感想ブログやってます。
http://ameblo.jp/tmur1120/

~作品一覧~
『ふたご王女伝説』
『夢中で悪いか!! ハムⅠレース』
『姫と騎士と、終わる世界』
『現代麻雀』
『宮廷プリンセスナイト』
『夜勤』
『四次元の箱庭』

小説感想掲示板はこちら






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード